私が通って体感した通信制高校のデメリット

思わず怠けてしまうことも多い

一度高校を中退し大人になってから再度通い始めた : 思わず怠けてしまうことも多い : 様々なデメリットを感じながら2年を費やし卒業

そして、それ故にいくらでもサボることもできてしまいます。
良い風に言えば、自分のペースで勉強やレポートの作成が可能です。
これは仕事と並行して通っている人には非常に有難く、有意義なシステムだと思います。
その反面まだ現役の学生でもおかしくない、仕事をしていない年代の人が入学すると、思わず怠けてしまうことも多いでしょう。
いつでも好きなときに学べばいいという方針が、逆にサボりへの誘惑に変わるとも感じました。
あとは学費の面、これが3つめのデメリットです。
単純に通信制高校1つに通うだけであれば、全日制の高校とあまり学費は変わりません。
ところが先に述べた2つのデメリットを解消しようとすると、途端に学費が気になり始めました。
何故なら通信制高校は、通う日数を増やせば増やすほど学費が大きくなるシステムだからです。
友達が欲しいから、熱心に勉強をしたいから、そうした理由で私も一時的に通うペースを上げたことがあります。
ですが私立だったものですから、通った分の学費はしっかりと取られてしまったわけです。
学校に対する熱意と経済的なこと、この狭間で随分と苦しんだこともありました。
並行して、サポート校の利用も考えたことがあります。

通信制高校カシマの通信