私が通って体感した通信制高校のデメリット

様々なデメリットを感じながら2年を費やし卒業

通信制高校 : カシマの通信

サポート校を使えば勉強の効率は驚くくらい上がりますし、またそこで新しい出会いもあったことでしょう。
当時の私には、とても魅力的に見えた存在です。
しかしサポート校も驚くほど学費が高く、既に社会人になっている身でも掛け持つのは厳しいくらいでした。
学校に通うのにこんなにもお金が必要とは、改めて一度中退した過去の重さや親の偉大さに気付いたのを覚えています。
結局私は様々なデメリットを感じながら、2年を費やし卒業しました。
通信制高校には、留年がないのです。
実は私がこの事実を知ったのは入学した後で、親切なのか甘えなのかよく分からないなという感想を持ちました。
ある意味これも、デメリットなのではないでしょうか。
私の周りには、5年も通い続けている人がいたくらいです。
これだけ猶予があると、どうしても勉強を後回しにしたりサボりたくなるのも無理はありません。
しかも様々な事情を抱える生徒も集まりますから、自分自身がその中で怠けても罪悪感が生まれにくいようになっています。
門戸が広く誰にでも通いやすい場所ですが、それなりの自覚も同時に求められるのだと痛いくらいに感じました。
これから通おうと考えている皆さんは、是非そういった部分のことも頭に入れておいてほしいです。

迷うならとりあえずとりよせれば?通信制高校の資料を一括請求https://t.co/WUvaSJRigH

— 知らなきゃ損 (@tpx655sb) 2018年5月20日

一度高校を中退し大人になってから再度通い始めた : 思わず怠けてしまうことも多い : 様々なデメリットを感じながら2年を費やし卒業